メルセデスベンツ専門店 部品/パーツ販売・修理・整備 メンテナンス・車検のMB-STORE
ベンツ中古車
メルセデスベンツの部品,パーツに関するお問い合わせ

ケーニッヒスペシャル / KOENIG SPECIALS

Cyber Garage Ranking

[PR]車・バイク ランキング



佐川急便

ホームワンポイントアドバイス2

ワンポイント アドバイス 1



エンジン トラブル

    最近主流のダイレクトコイルではなく、
    97年以前のデストロビューターを点火系統に使用しているタイプエンジンに起こりがちなトラブルです。

    朝一のエンジン掛け初めに掛かりが悪かったり、アイドリングが不調になったり、
    吹け上がりが悪かったりした場合に見られる原因の一つとして、
    デストロビューターキャップ内への水分侵入が挙げられます。

    これはパッキンの不良等で、 空気中の水分がデスビキャップ内に侵入した為に電気が正常に飛ばず、点火タイミングが狂う
    もしくは不点火した為にミスファイヤを起して上記のような症状が発生します。

    対策方法としては、デストロビューターキャップを開けて見て点検しますが、
    この時にデスビ内の接点を見て焼けが酷い物、キャップ内部にヒビ割れが有る物は
    デスビキャップ交換したほうが良いと思います。
    この場合、デスビキャップ内には無数の電気のリーク跡が確認できると思います。

    接点が少し汚れていて、かすかにデスビキャップ内に水気がある位であれば
    接点を清掃してから、エアーで完全に水気を飛ばし
    パッキンを新品に交換してから再度取り付けすれば大丈夫です。

    梅雨時は湿気があるため特にこのような症状が出易いかと思います。
    特にV8の117、119型には多いトラブルですのでご用心を。